EVバッテリー溶接

より高い歩留まりと拡張性を提供するファイバーレーザ技術で、バッテリー溶接の課題に対処します。


  • HAZの低減 部品の加熱を最小限に抑えるARMレーザを使用して、難度の高い材料を溶接します。
  • 品質向上 溶接気孔率とスパッタを低減し、精度と繰り返し再現性を向上させます。
  • 生産性の向上 サイクルタイムを短縮し、さらに再加工と後処理を無くして生産性を向上させます。
e-mobility

要求の厳しい材料の溶接

ARMファイバーレーザを使用して、加工方法を不安定にすることなく、銅、アルミニウム、または異種材料を効率的に溶接し、グリーンレーザよりもコスト、信頼性、および実用上の強みを発揮できます。

金属箔溶接

シングルモードARMファイバーレーザを用いて、パウチ型バッテリーセルの金属箔とタブの溶接を行い、優れた溶接溶け込み、最小限のスパッタおよび熱損傷の低減を実現。

缶またはキャップ溶接

プリズマティックセルバッテリーの缶またはキャップ、ハウジング、接点、および安全弁用の高速密閉溶接で、低いスパッタ、低亀裂、低い多孔性を実現。

バスラインの溶接

ARMファイバーレーザが提供する出力と空間制御を利用して、優れた電気的、熱的、機械的特性を備えた銅のバスラインにアルミニウム金属箔を溶接します。

ビデオスポットライト

レーザを使用した銅溶接のスケーラブルなソリューション - Coherent Labsのマネージャーによる説明

Coherent Labsのマネージャーである Peter Kallageは、バッテリー製造における IR 波長レーザを使用した銅溶接に関して何が重要であるかを熟知しています。

 

注目のブログ

ファイバーレーザが電気自動車のバッテリーにどのように電力を供給しているか

Coherentファイバーレーザが、EVバッテリー製造の正確で要求の厳しい溶接作業に最適で最も経済的なソリューションを提供する方法について説明します。 

rechargable-battery-size-comp.jpg

お客様の

成功事例

Broking Plastex社のビデオ
レーザ技術を導入したことで、対応可能な市場が確実に広がりました。このレーザシステムがなければ、標準的なプラスチック部品やシートメタルの加工を多品種生産することは不可能でした。
Armin Buchsteiner氏 Bröking-Plastex社専務取締役兼共同所有者

Bröking-Plastex社 - 自動車産業界のリーダー

Bröking-Plastex社では、1つの事実が明らかになっています。 品種および量の多様性が増大し続けており、最小規模から最大規模のバッチサイズの生産を柔軟かつ経済的に実現できるスペシャリストを必要としています。

1 - 500

典型的なバッチサイズ

50%超

レーザ加工部品

グローバルなお客様

Need to make this authored

Ready to

Get Started?

Enter your email address and a specialist will reach out to you.

Privacy

Required field

Shop Coherent

Online shopping for lasers, optical fibers, power meters and sensors, accessories, and much more on Coherent online has never been easier.