EVバッテリー製造

より高い歩留まりと拡張性を提供するレーザ技術で、バッテリー製造の課題に対処します。

  • HAZの低減 部品の加熱を最小限に抑えるレーザを使用して、最も敏感な材料を溶接します。
  • 走行品質 溶接気孔率とスパッタを低減し、精度と繰り返し再現性を向上させます。
  • スループットの向上 サイクルタイムを短縮し、さらに再加工と後処理を無くして生産性を向上させます。
e-mobility

筐体溶接

アルミニウム製バッテリーモジュールや筐体のフィラーレスARMレーザ溶接により、歪み、ポロシティ、クラック、スパッタを最小限に抑えることができます。

 

次世代固体リチウムイオンバッテリー用の薄膜電解質焼結体

リチウムイオンバッテリー用薄膜電解質層のエキシマパルスレーザ成膜(PLD)により、緻密で化学量論的な膜が実現し、蓄電と充電が向上します。

 

出典:Fraunhofer ILT、Aachen
ビデオスポットライト

レーザを使用した銅溶接のスケーラブルなソリューション - Coherent Labsのマネージャーによる説明

Coherent Labsのマネージャーである Peter Kallageは、バッテリー製造における IR 波長レーザを使用した銅溶接に関して何が重要であるかを熟知しています。

 

注目のブログ

ファイバーレーザが電気自動車のバッテリーにどのように電力を供給しているか

Coherentファイバーレーザが、EVバッテリー製造の正確で要求の厳しい溶接作業に最適で最も経済的なソリューションを提供する方法について説明します。 

rechargable-battery-size-comp.jpg

お客様の成功事例

Bröking-Plastex社 - 自動車産業界のリーダー

Bröking-Plastex社では、1つの事実が明らかになっています。品種および量の多様性が増大し続けており、最小規模から最大規模のバッチサイズの生産を柔軟かつ経済的に実現できるスペシャリストを必要としています。

1 - 500

典型的なバッチサイズ

50%超

レーザ加工部品

Broking Plastex社のビデオ
標準のプラスチック部品やシートメタル加工のバリアント生産は、レーザシステムがなければ不可能でした。レーザ技術の導入により、適応可能な市場を拡大しました
Armin Buchsteiner氏 Bröking-Plastex社専務取締役兼共同所有者

グローバルなお客様

 

Need to make this authored

スタートのご準備は出来ていますか?

メールアドレスを入力頂くと専門家から連絡を致します。

プライバシー

必須

Coherentで購入

Coherentオンラインでの、レーザ、光ファイバー、パワーメーターやセンサー、アクセサリなどのオンラインショッピングはこれまでになく簡単です。