ビーム伝送コンポーネント

高出力レーザを作業部品へ確実に伝送するコンポーネントで、ピーク時に効率よく、高い信頼性と安全性で動作します。

  • スループットを向上 伝送を最大化する低損失コンポーネントでパフォーマンスを強化します。
  • 安定性を大幅に向上 堅牢な設計のコンポーネントで、安定性、長寿命、安全性のある加工を実現します。
  • 柔軟性を実現 コンポーネントのモジュール設計と構造を活用して柔軟性を高めます。
Beam Delivery Components Line Drawing

高出力のレーザビーム光を伝送

一貫性のあるレーザ加工には、光源を作業面へ正確に伝送する必要があります。Coherentには、長期間の使用でも優れた光学的特性と、卓越した機械安定性を実現するファイバーとオプティクスがあります。

ビームデリバリー製品ファミリー

Fiber Optic Cables

過酷な環境でも一貫性を維持し、長距離で低損失でのマルチkWレーザビーム伝送を実現する、信頼性の高い光ファイバーケーブル。

高出力 – 最大20 kW。 モードストリッパと効率的な冷却による、優れた出力損失機能。 標準コネクタ – QD、QBH、RQB。
Fiber-to-Fiber Coupler Air-Cooled

Coherentのインカプリングオプティクスは、高出力のレーザ出力を安全に、高い信頼性、低損失で1つ以上の光ファイバーケーブルにカプリングします。

高出力 – 最大15 kW。 最大4つのファイバー出力で柔軟なレーザ光源を実現。 時間とエネルギーの共有。
Process Optics

プロセスオプティクスは幅広い焦点距離や機能を提供しており、組み合わせることで様々なアプリケーションに最適な加工ヘッドにすることができます。

高出力 – 最大12 kW。 小型のサイズとモジュール型の設計。 焦点距離50 ~ 500 mm。
注目のブログ

より高い出力処理能力のQBH光ファイバーケーブルのご紹介

光ファイバーケーブルの水冷の改良により、より高い信頼性および出力処理能力が実現します。

blog-optoskand-qbh.jpg
Need to make this authored

スタートのご準備は出来ていますか?

メールアドレスを入力頂くと専門家から連絡を致します。

プライバシー

必須