ホワイトボディ

先進ファイバーレーザ技術を適用し、亜鉛メッキ鋼、アルミニウム、HSSなどの「挑戦的な」材料を溶接します。

  • 後処理を減らす スパッタや溶接孔のない亜鉛メッキ鋼のゼロギャップ溶接を実現します。
  • フィラーを排除する フィラーワイヤーを使用せず、アルミニウム6000合金の溶接時に亀裂を回避します。
  • ひび割れを防ぐ 高張力鋼を急速な送り速度で溶接し、その後の冷間割れは発生しません。
Body-in-White
Need to make this authored

さらにライトに

BIWは、従来のステンレス合金と同様の剛性と強度を持ちながら、はるかに軽量な新素材の使用によって革命を起こしました。しかし、アルミニウム、高強度低合金鋼(HSLA)や先進高張力鋼(AHSS)などの材料の溶接には、多くの場合課題が生じます。そこでCoherentは、量産でこれらの溶接を成功させるために必要な、材料の加熱と冷却を正確に制御できるモード可変ビーム(ARM)ファイバーレーザ技術を開発しました。

今すぐ始めましょう

ご自身に関する情報を送信していただければ、製品エキスパートが2営業日以内にご連絡いたします。

Required field

By providing your information and clicking ‘Subscribe’, you opt-in to receiving periodic email marketing communications from Coherent Corp. and understand that your personal data will be processed in accordance with our Privacy Policy and that our Terms apply. You may opt-out of marketing emails sent by us at any time by clicking the unsubscribe link in any marketing email you receive.

製品の用途

ビデオスポットライト

高強度アルミニウムの鋳造アルミニウムへのレーザ溶接

高強度アルミニウムや鋳造アルミニウムに対してはいずれも、自動車製造に実証済の利点を貰たしていますが、レーザ溶接の適応の挑戦がなされています。特に、温度影響によるクラックやスパッタリングの影響です。これらの問題は、Coherent ARMレーザと新しいthyssenkrupp LSK06レーザクランプヘッドに基づく溶接システムを使用することで解決されます。

 

注目のブログ

自動車レーザ溶接で一歩先んじる方法

Coherent ARMファイバーレーザが、ホワイトボディ製造で使用される困難な材料の自動車溶接をより速く、より簡単に、より良くする方法について説明します。

vlcsnap-2021-03-29-18h23m49s299.png
Need to make this authored

開始の準備は整いましたか?

貴方の連絡先をお知らせ頂ければ、専門家より、改めてご連絡致します。

プライバシー

必須

By providing your information and clicking ‘Subscribe’, you opt-in to receiving periodic email marketing communications from Coherent Corp. and understand that your personal data will be processed in accordance with our Privacy Policy and that our Terms apply. You may opt-out of marketing emails sent by us at any time by clicking the unsubscribe link in any marketing email you receive.

Coherentで購入

Coherentオンラインでの、レーザ、光ファイバー、パワーメーターやセンサー、アクセサリなどのオンラインショッピングはこれまでになく簡単です。