表面とサンプルのアブレーション

USPレーザで表面をテクスチャリングするか、分析方法にナノ秒またはウルトラファーストレーザを使用します(例: LIBS、LA-ICP-MS)。

  • LIBS ナノ秒レーザフレアを使用して、高い信号対雑音比でより良いデータを取得します。
  • LA-ICP-MS エキシマレーザまたはfsレーザ増幅器を使用して、固体サンプルの元素および同位体組成を分析します。
  • フェムト秒アブレーション レーザ誘起周期構造(LIPS)を含む究極の表面パターンを作成します。
Ablation Processes

LIBS

固体サンプルのレーザアブレーションは、それが実験室であろうと火星の表面であろうと、レーザ誘起破壊分光法(LIBS)の鍵となります。詳細については、分光のページをご覧ください。

お客様の 成功事例

再生増幅器の安定性により、強誘電体膜偏光のその場研究が可能になりました。

再生増幅器の安定性により、強誘電体膜偏光のin-situ研究が可能に

再生増幅器の熱的安定性はきわめて重要です。 私たちの作業室は内部が最大で950°Cになることがあり、長い実験中にラボを大幅に加熱します。 Astrellaの出力、ビーム形状、ビーム位置のすべてが、こうした周囲の変化による影響を受けません。
Dr. Morgan Trassin スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス、チューリッヒ)

グローバルなお客様

 

Need to make this authored

スタートのご準備は出来ていますか?

メールアドレスを入力頂くと専門家から連絡を致します。

プライバシー

必須

Coherentで購入

Coherentオンラインでの、レーザ、光ファイバー、パワーメーターやセンサー、アクセサリなどのオンラインショッピングはこれまでになく簡単です。