用語集

A

 

Ablation

レーザアブレーションは、固体から物質を除去する加工方法です。さまざまな種類のレーザが使用され、金属、半導体、ガラス、セラミックス、ポリマー、木材、石材、組織、その他生体材料など、ほぼすべての種類の材料に適用できます。

レーザアブレーションについて詳しくはこちら。

 

Astronomy Lasers

レーザによって天体をより精密に観測することができるため、レーザは天文学者にとって欠かせないツールになりました。特に、レーザは遠くの星や銀河などの天体を従来よりも優れた画像で撮影することを可能にしました。

天文学レーザについて詳しくはこちら。

  

C

 

Cutting Machines

機械的な刃物やドリルビットではなく、集光されたレーザビームで金属、プラスチック、誘電体などを切断する統合マシンです。一般的なマシンは、レーザ、ビーム伝送光学系、部品や光学系を動作させるためのモーションハードウェア、オプションのビジョンシステム、統合制御ソフトウェアで構成されています。 

レーザ切断マシンについて詳しくはこちら。

  

E

 

Etching

レーザエッチングは広い意味を持つ用語であり、さまざまな種類のマーキングや浅彫りの加工方法を意味します。対象となる製品は、自動車部品、医療機器、ワイン樽、マイクロエレクトロニクスコンポーネント、墓石などさまざまです。

レーザエッチングについて詳しくはこちら。

  

F

 

Fiber Optic Gyroscope

光ファイバージャイロスコープ(FOG)は、高精度で正確な回転センサーです。航空機、宇宙船、船舶などの航法・誘導システムに使用されます。光ファイバーのコイル内を進むレーザ光の干渉を測定することで、回転を感知します。

ファイバー光学ジャイロスコープついて詳しくはこちら

 

Fiber Sensors

ファイバーセンサーは、物理的、化学的、または生物学的パラメータの変化を検出するために使用されます。そのため、構造物のモニタリング、石油・ガス探査、環境モニタリング、医療診断など、さまざまな分野で活用されています。

ファイバーセンサーについて詳しくはこちら

 

Flow Cytometry

フローサイトメトリーでは、レーザを用いることで、さまざまな種類の細胞やその他の生物学的粒子を計数または選別することができます。たとえば、医師から血算を受ける際には、フローサイトメトリーで解析が行われます。また、研究、薬学、畜産にも使用されています。

フローサイトメトリーについて詳しくはこちら。

  

H

 

Holmium Laser

Ho:YAG(ホルミウム)レーザは、ファイバー伝送が可能な高出力の固体近赤外レーザ光源であり、泌尿器科、整形外科、婦人科、歯科などの外科手術に多く用いられます。

ホルミウムレーザについて詳しくはこちら。

  

L

 

Laser

「レーザ」という言葉は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(励起誘導放射による光増幅)の頭字語です。すべてのレーザは、誘導放出というプロセスで入力エネルギーを光に変換します。

レーザについて詳しくはこちら

 

Laser Cooling

レーザ冷却は、原子や分子の粒子を減速させて閉じ込める原子物理学・量子光学技術です。この手法は、光と物質の相互作用に基づいており、光子が原子に運動量を伝達する仕組みを利用しています。

レーザ冷却について詳しくはこちら

 

Laser Pumping

レーザ励起とは、レーザシステムにエネルギーを供給し、励起状態の原子や分子が基底状態の原子や分子よりも多くなるような、ポピュレーションの反転を生じさせることです。これにより、光の誘導放出の確率が高まり、レーシングが実現します。

レーザ励起について詳しくはこちら

 

Lithotripsy

レーザは1980年代から腎臓結石の治療に用いられ始めました。他の方法よりも治療成績がよい場合が多かったからです。この加工方法はレーザ砕石術と呼ばれ、現在はホルミウムレーザが標準的に用いられています。ただし、技術の進歩は続いており、今後はツリウムファイバーレーザが普及すると見られています。

レーザ砕石術について詳しくはこちら。

  

M

 

Multi-Mode Fibers

マルチモード(mm)ファイバーは、複数のモード(光の通り道)を伝送できる大きな光コアを持つファイバーです。主な用途は、通信回線、オーディオ/ビデオ回線などです。一部の特殊な光ファイバーは、医療用やレーザビームの伝送タスク用など、mmとしても利用可能です。

マルチモードファイバーについて詳しくはこちら

  

O

 

Optical Fibers

光ファイバーは、髪の毛ほどの太さのガラスまたはプラスチックの線で、離れた場所に光を伝送するために用いられます。電気を伝送するための電線に似ています。通信、データ伝送、レーザビーム伝送、センシング、医療用途などに広く用いられています。

光ファイバーについて詳しくはこちら。

  

P

 

Powell Lens

パウエルレンズは、均一な強度のレーザラインを生成するために使用される光学部品です。これを達成するために、独自の円筒非球面形状を採用しています。パウエルレンズは、マシンビジョンやフローサイトメトリーなどのさまざまな用途に使用されます。

パウエルレンズについて詳しくはこちら。

 

Pulsed Laser Deposition

パルスレーザ成膜(PLD)は、さまざまな基板にさまざまな薄膜を堆積させるために使用されます。エキシマレーザの高エネルギーと短波長により、比類なき成膜速度と、化学量論的に優れた高品質な膜が得られます。

パルスレーザ成膜(PLD)について詳しくはこちら

  

S

 

Laser Scanning

レーザスキャニングとは、レーザビームで単に物の表面をなぞることであり、製品バーコードの読み取り、レーザライトショーの投影、自動車車体の溶接などに用いられます。レーザスキャニングは概念的には単純ですが、実際に使用される技術は非常に洗練されています。

レーザスキャニングについて詳しくはこちら。

  

V

 

VCSEL-Array

VCSELアレイは、垂直共振器面発光レーザのモノリシック(線形または2D)アレイです。各VCSELは円形のビームを出力し、高速で直接変調することができます。このため、これらのデバイスは高速短距離データ通信と光センシングの両方に理想的です。

VCSELアレイについて詳しくはこちら。

  

Y

 

Ytterbium Laser

イッテルビウムレーザには、他の利得材料にない優れた利点がいくつかあります。このレーザはスラブまたはディスクレーザとして作成されることもありますが、主な利点は、理科学や材料加工用途のウルトラファーストレーザの出力を持つファイバーレーザとして作成されたときに発揮されます。

イッテルビウムレーザについて詳しくはこちら。

  

採用情報

応募可能な職種の確認