パルスレーザ成膜(PLD) 

パルスレーザ成膜(PLD)向けに独自の高出力エキシマレーザをご用意しています。 


  • 化学量論的に優れたパルスレーザ成膜(PLD) 当社の堅牢なCOMPexレーザを使用することで、パルスレーザ成膜(PLD)の化学量論的に優れた結果を得ることができます。
  • 大面積パルスレーザ成膜(PLD) 当社の高出力LEAPレーザにより、広範囲の高性能薄膜を実現します。
  • 3シフトパルスレーザ成膜(PLD) 当社のエキシマレーザは長稼働時間、長寿命を実現しています(現場実証済み)。
PLD Pulsed Laser Deposition

ビデオスポットライト: エンスヘーデ、Solmatesの薄膜装置用高出力エキシマレーザ

オランダのエンスヘーデにあるSolmates社のArjen Janssens氏らは、高出力のLEAPシリーズエキシマレーザを使用して、将来のチップ設計の開発と新しい薄膜材料の統合に重要な役割を果たす革新的なパルスレーザ蒸着装置を開発しています。 薄膜産業におけるレーザ技術の詳細をご覧ください。

 

注目のブログ

MicroLEDディスプレイ製造における革新

Coherentの新しいUVtransferシステムは、レーザリフトオフ(LLO)、レーザ誘起フォワードトランスファー(LIFT)、および修理/トリミングを備えたMicroLEDの製造に革新をもたらしました。

MicroLED Image

お客様の

成功事例

LEAPエキシマレーザは、レーザワットあたりの真のコストを最小限に抑え、S-InnovationsでのHTSワイヤーの低コストで大量生産を可能にします。
Dr. Alexander Molodyk CEO、S-Innovations、モスクワ、ロシア

エキシマレーザを用いた超電導線/テープの大量生産

S-Innovations(モスクワ、ロシア)は、パルスレーザ堆積(PLD)プロセスに電力を供給するために、Coherent LEAP 300Cエキシマレーザを使用して、これまでで最大量の超電導YbCOテープを提供しました。

再生増幅器の熱的安定性はきわめて重要です。 私たちの作業室は内部が最大で950°Cになることがあり、長い実験中にラボを大幅に加熱します。 Astrellaの出力、ビーム形状、ビーム位置のすべてが、こうした周囲の変化による影響を受けません。
Dr. Morgan Trassin スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス、チューリッヒ)

再生増幅器の安定性により、強誘電体膜偏光のin-situ研究が可能に

研究者たちがCoherent Astrella/TOPASを使用して、 どのように0~20単位セル(u.c.)の膜で偏光の程度と方向の両方を決定することに成功したのかについてご覧ください。

グローバルなお客様

Need to make this authored

スタートのご準備は出来ていますか?

メールアドレスを入力頂くと専門家から連絡を致します。

プライバシー

必須

Coherentで購入

Coherentオンラインでの、レーザ、光ファイバー、パワーメーターやセンサー、アクセサリなどのオンラインショッピングはこれまでになく簡単です。