ホワイトボディ

亜鉛メッキ鋼、アルミニウム、HSSの溶接などの「挑戦的な」材料にファイバーレーザ技術を適用します。


  • 後処理を減らす スパッタや溶接孔のない亜鉛メッキ鋼のゼロギャップ溶接を実現します。
  • フィラーを排除する フィラーワイヤーを使用せずに、アルミニウム6000合金を溶接するときは、「中心線の亀裂」を避けてください。
  • ひび割れを防ぐ 高張力鋼を急速な送り速度で溶接し、その後の冷間割れは発生しません。
Body-in-White Automotive Lasers

アルミニウムの溶接

フィラーワイヤーを用いず、6XXXの溶接にARMレーザを使用することにより、中心線の亀裂を生じず、スパッタを最小限に抑えられます。 さらに、シーム幅を一定に保ちながら溶接深さを調整します。

亜鉛塗装鋼溶接

ARMレーザは、亜鉛メッキ鋼の高品質でギャップのないオーバーラップ溶接をブローアウトなしで可能にし、生産に新たな可能性を開きます。

ビデオスポットライト

高強度アルミニウムの鋳造アルミニウムへのレーザ溶接

高強度アルミニウムや鋳造アルミニウムに対してはいずれも、自動車製造に実証済の利点を貰たしていますが、レーザ溶接の適応の挑戦がなされています。 特に、温度影響によるクラックやスパッタリングの影響です。 これらの問題は、Coherent ARMレーザと新しいthyssenkrupp LSK06レーザクランプヘッドに基づく溶接システムを使用することで解決されます。

 

注目のブログ

自動車レーザ溶接で一歩先んじる方法

Coherent ARMファイバーレーザが、ホワイトボディ製造で使用される困難な材料の自動車溶接をより速く、より簡単に、より良くする方法について説明します。

お客様の

成功事例

レーザ技術を導入したことで、対応可能な市場が確実に広がりました。このレーザシステムがなければ、標準的なプラスチック部品やシートメタルの加工からのバリアント生産は不可能でしたから。
Armin Buchsteiner Bröking-Plastex専務取締役兼共同所有者

Bröking-Plastex社 - 自動車産業界のリーダー

Bröking-Plastexでは、バリアントの多様性が絶えず拡大しており、最小規模から最大規模のバッチサイズの生産を柔軟かつ経済的に実現できるスペシャリストを必要としています。

1 - 500

典型的なバッチサイズ

50%超

レーザ加工部品

グローバルなお客様

Need to make this authored

スタートのご準備は出来ていますか?

メールアドレスを入力頂くと専門家から連絡を致します。

プライバシー

必須

Coherentで購入

Coherentオンラインでの、レーザ、光ファイバー、パワーメーターやセンサー、アクセサリなどのオンラインショッピングはこれまでになく簡単です。