レーザマシンとシステム

StarCut Tubeレーザ切断システム


カテーテルシャフト、ステント、ハイポチューブ、PTCA機器、TAVRなど、医療機器をはじめとしたチューブおよび平面材料用の完全自動多軸CNCマシン。

揺るぎない切断プラットフォーム(SLはミネラルキャストベースを使用)により、輪郭切削精度 +/- 5 µm 未満という究極の精度が実現。ファイバーレーザまたは最新のMonaco USPレーザを選択すれば、あらゆるポリマーまたは金属の精密切断が可能です。


StarCut Tube - 主なオプションとパラメータ

StarCut Tube L 600は、ファイバーレーザ、USPレーザ、またはその両方のレーザで使用できます。StarCut Tube SLは、市場最小のコンパクト設計モデルです。 

製品仕様

パラメータ

StarCut Tube L 600

StarCut Tube SL

赤外線レーザオプション 

60 Wフェムト秒USPレーザ  

100 Wまたは200 Wファイバーレーザ 

USPおよびファイバーレーザ 

最大チューブ径(mm) 

30 

30

回転軸速度(回転/分) 

600(標準)
1500(オプション) 

移動範囲(mm) 

X

300または600 

300 

75 

Z

40 

40 

全体の寸法、奥行き x 幅 x 高さ(mm) 

762 x 2625 x 1430 

700 x 1340 x 1410  

StarFeed Sチューブフィーダー付 

✔ 

✔ 

StarFeed Lチューブフィーダー付 

✔ 

✔ 

 
ビデオスポットライト

StarFeed Lによる長尺チューブのレーザ切断の自動化

StarFeedは、StarCut Tubeレーザ切断機StarCut用の自動ローダー/アンローダーで、SとLの2サイズが用意されています。 この組み合わせにより、直径1~20 mmのチューブの乾式または湿式切断を全自動で行うことができます。 StarFeed Lは、最大48本のチューブを収納でき、さらに楕円形のチューブの処理も可能です。 また、センサー制御のグリップユニットにより、破損を防ぐことができます。 結果的に、生産性が大きく向上します。

3Dショールーム