多機能なレーザ切断機でスピードと高精度を実現

お客様からのお言葉

「当社のチームでは、StarCut Tubeは使いやすいうえ、ダウンタイムの発生や整備の必要性もなく、非常に信頼性が高いと評価しています。 この製品ならあらゆる加工現場で自信を持ってお勧めできます。」

—ニール・メイン(Micrometric社専務取締役、リンカーン、イギリス)

課題

医療機器やそれらに関連する部品のレーザ切断機を選択する際、スピード(出力)と精度のどちらを優先するかがしばしば問題となります。 では、両方を必要とする場合はどうでしょうか。 Micrometric社(リンカーン、イギリス)は医療機器から原子力発電分野に至る「難加工」部品の提供に特化したレーザ切断、溶接、およびマーキング加工業者として評価されていますが、 2019年に、従来から取り扱っていたプロジェクトよりも厚肉のチューブを扱う契約を獲得するため、同社のチューブ切断能力の拡大を図りました。 その際、スピード、信頼性、使いやすさに加えて多機能であることを重視し、幅広い肉厚のチューブの高精度切断を実現することにより費用対効果を最大限に高めました。

ソリューション

入念な検討の結果、同社はCoherentのStarCut Tubeを選定しました。 StarCut Tubeは3軸または4軸のCNC方式で、レーザをベースとした完全自動システムであり、特に医療機器や航空宇宙機器用の部品を含む高精度なチューブおよびフラット形状の部品を加工対象としています。 この製品はファイバーレーザまたは極短パルス(USP)レーザで構成することができます。 Micrometric社は、当初のプロジェクトでは出力と切断速度が重要である肉厚1mm、直径22mmのステンレスチューブを対象としていたため、ファイバーレーザを選択しました。 StarCut Tubeはこの用途に理想的であり良好な結果をもたらしました。 しかも、その後顧客からより肉厚のチューブ部品への設計変更の要望がありましたが、追加購入の必要もなく対応することができました。

成果

Micrometric社が重視した多機能という条件は、かけがえのない重要な決断となりました。 専務取締役のニール・メイン氏は次のように述べています。「StarCutが実現する細いチューブやフラットストックの高精度切断能力により、当社のポートフォリオと獲得契約の幅が広がりました。 現在では複数の新規部品に対してこの切断機を積極的に活用し、10から10,000のバッチサイズに対応しています。 当社のチームでは、StarCutは使いやすいうえ、ダウンタイムの発生や整備の必要性もなく、非常に信頼性が高いと評価しています。 この製品ならあらゆる加工現場で自信を持ってお勧めできます。」

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。