レーザマシンとシステム

プラグインアーキテクチャ


Laser FrameWorkは、業界標準のプロトコルとプラグインアーキテクチャを提供し、お客様のビジネスをサポートします。インダストリ4.0対応。 今日。

現代の工場は、一方では原材料の、他方では完成品の非常に複雑な自動化されたオーケストラです。 このレベルの自動化には、接続性と拡張性が必要です。 このモジュール型のアーキテクチャは、新しいソフトウェアやハードウェアのモジュールによって、今日と明日のお客様の能力を拡張します。 


主な機能

接続のオプション

垂直方向および水平方向のデータ交換のための通信インターフェースとプロトコルは、HK、MJC、MQTT、ProfiNetなどの各種フィールドバスシステムから選択することで指定されます。

外部データの取り込みが容易

ERPシステムなどの企業向けソフトウェアは、製品固有のレシピワークフローのためにパッケージ化されたインターフェースを通じて統合されます。 外部システムは、Laser FrameWorkとデータの送受信を行うことができます。

データロギング

ドキュメンテーションとトレーサビリティは容易にサポートされ、プロセスワークフローに容易に組み込むことができます。

強化された溶接機能

先進のSmartWeld+プロセス監視アクセサリは、最も精密で過酷な溶接、切断、マーキング、彫刻、さらにクリーニングアプリケーションを達成するために必要なデータをリアルタイムで提供します。 これは、表面上と表面下の両方のレーザプロセスの動的ビューを得るために多くのセンサーを採用しています。 具体的には、レーザで発生するプラズマ(電離プルーム)の特性や部品の表面温度を監視することを意味します。 加えて、オプションの音響センサーは、溶接中や溶接加工後でも接合部の熱割れなど、より包括的なプロセスフィンガープリントを提供することができます。

3D彫刻とマーキング

追加のアドオンには、宝飾製造向けのリングマーキングソフトウェアや3D彫刻ハードウェアオプションがあります。 これらにより、リングの内側や外側をはじめ、さまざまな曲面へのマーキングなど、従来は複雑だった作業が簡素化されます。 さらに、Laser FrameWorkはマシンビジョンを使って実際の加工部品の形状や位置、向きを計測し、そのデータをもとにマーキングのレイアウトを自動調整することもできます。 その結果、熟練したオペレーターがいなくても、毎回完璧なマークが得られます。  

注目のブログ

Coherent Laser FrameWorkにより、製造現場の生産性が向上

溶接機、切断機、マーキング機のための統一されたレーザソフトウェアプラットフォームによって、使用が簡素化され、スループットが向上します。

Laser FrameWork ExactMark 210