レーザ

SureLock


単一周波数または狭帯域線幅のレーザとして、安定した温度動作と高効率を実現し、ラマン分光測定や計測に最適です。

SureLockは優れた光学的安定性を備えた半導体レーザモジュールです。 手ごろな価格で持ち運びやすく、様々なアプリケーションで機器レベルのパフォーマンスを発揮します。 様々な波長、出力レベル、フォームファクタで利用可能です。 


SureLock™シリーズの要約

PowerLocker® VHGフィルタを搭載したフリースペースモジュールやファイバー結合モジュールから、単一周波数または狭スペクトラム出力を提供します。 OEMモデルとエンドユーザモデルの両方をご用意しています。

 

製品仕様

モデル名

波長オプション(nm)

出力オプション(mW)

線幅(MHz)

空間モードオプション

光ノイズ(%)、0~20 MHz時

SureLock LMコンパクトレーザモジュール

405 - 830

12 - 150

<25~300 

シングルモード 

0.25 - 0.5 

LMFCファイバー結合レーザモジュール

405 - 1064 

3 - 500 

<25~300 

0.07~0.15nm 

シングルモードまたはマルチモード 

0.25 - 0.5 

Miniベンチトップ安定化レーザ

785, 830, 976, 1064 

350, 500 

0.07~0.15 nm

マルチモード 

N/A 

SureLock ROシリーズレーザモジュール

633 - 808 

30 - 110 

50 - 300 

シングルモード 

0.25 - 0.5 

SureLockバタフライ型OEMラマンレーザ

785 - 1065 

600 

0.07~0.15 nm 

シングルモード 

N/A 

SureLock TO Canレーザ

638 - 808 

32 - 120 

50 - 300 

シングルモード 

N/A 

SureLock平行TO Canレーザ

404 - 1064

12 - 500

<25~200 

シングルモードまたはマルチモード 

該当なし 

注目のブログ

ラマン分光の威力

ラマン分光法により、細胞、医薬品、半導体などあらゆるものの化学組成や構造を計測できる仕組みをご覧ください。

polymorph-id-pharma-fig-1.jpg