レーザコンポーネントとアクセサリ

偏波保持ファイバー


過酷なネットワークアプリケーションには、シングルモードおよびラージモードエリアの偏波保持を使用します。 これらのファイバーはレーザ、増幅器、FOG、および検出システムにも理想的です。

Coherent NuPANDAファイバーは幅広い動作波長範囲、最高の複屈折、高度なモードフィールド均一性を実現します。   

オンラインで購入

製品の主なメリット

ファイバーには350 nm ~ 2000 nm用があり、ビート長を自由または正確に選択できます。 大量生産を可能とするため、弊社のファイバーは低コストでありながら、高度に制御された光学的特性と機械的特性を提供します。

製品仕様

光学的特性 

物理的特性

オプション

固有減衰が小さいことで、システム効率が最大化  

すべてのPMファイバータイプで高度なモードフィールド均一性を実現 

ビート長を自由または正確に選択できる 

エバネッセント場においてドーパントが応力を誘起しないように分散されているため、0.1dB/km-kRadの範囲で放射線耐性を保有 

高い疲労破壊耐性 

低強度で破断しないため、コイルの用途に最適 

コアおよびその近傍のガラス表面の応力が均一であるため、スプライスやジャンパリング時の研磨が容易 

応力場を発生させるロッドをスプライス装置で使用して配向マーカーとし、確度と配向を容易に調整 

曲げ耐性オプション 

多数のコア/クラッド形状

活性ドーパント 

不活性ドーパント 

シングル/ダブルクラッド 

高温コーティングなど 

Panda型 

放射能耐性 

 

クイックツアーを行う

手術、宇宙、LiDARなどのレーザに使用されるファイバーの製造方法をご覧ください。 予備成形からファイバーの引き抜き、巻き取り、組み合わせまで、Coherentから用途に必要なファイバーの種類を見つけることができます。

関連製品