ディスプレイ製造の効率を向上

Coherent LineBeam LB1300-G8レーザアニーリングシステムは、第8世代の大型パネルの処理コストを削減します。

 

2023年7月11日、Coherent

LineBeam 1300-G8

新しいCoherent LineBeam LB1300-G8を使用すると、ディスプレイメーカーで使用が増えている第8世代大型下地パネルで、低温ポリシリコン(LTPS)を効率的に製造できます。 大型のパネルに対応するために必要な長いラインビームを提供し、オプションのLTPS専用に設計された革新的な新しいCoherent PYTHONパルス発振全固体レーザ機能を組み込むことでこれを実現します。 

 

有機ELディスプレイの大型化

有機発光半導体レーザ(有機EL)ディスプレイメーカーは、ラップトップ、タブレット、ゲーム機、デスクトップコンピューターモニターなどのデバイスに従来使用されている液晶ディスプレイ(LCD)からの転換に積極的に取り組んでいます。 これは、特にモバイルまたはハンドヘルドデバイスにおいて、液晶ディスプレイに比べて有機ELが多くのメリットを備えているためです。 具体的には、画質が優れている、軽量である、サイズがコンパクト(より薄い)、視野角が広い、応答時間が速い(ビデオストリーミングやゲームの場合)、電気効率が優れている(バッテリー寿命が長くなる)といった点が挙げられます。 

しかし、これらのいわゆるIT(情報技術)パネルの製造は、主に小型のスマートフォンディスプレイを中心に製造を行ってきたディスプレイメーカーにとって課題となっています。 その原因はディスプレイの製造工程にあります。ディスプレイの製造は、大きな「マザーガラス」のパネル上に、一度に多数のディスプレイを作成することから始まります。 後の工程で個々のディスプレイがこのパネルから切り出されます。 

個々のディスプレイのサイズが大きくなるにつれて、一定のサイズのマザーガラスパネルで製造できるディスプレイの数は少なくなります。 一方で、このパネルの加工コストはほぼ変わりません。 そのため、個々のディスプレイの単価が上がります。 

 

LineBeam Systems

ディスプレイのサイズが大きくなるにつれて、一定のサイズのマザーガラスパネルで製造できるユニットの数が減り、単価は上がります。

 

ディスプレイメーカーにとっての解決策の1つが、マザーガラスのサイズを大きくして、1パネルで製造できるディスプレイ数を増やすことです。 ただし、もちろんこれは大型パネルの加工コストがそれほど劇的に増加しないことを前提としています。 そうでないと、ディスプレイのコストは十分に下がりません。 

 

LineBeamを第8世代パネル向けに最適化

Coherentは、LTPSレーザアニーリングシステムの主要プロバイダーとしての地位を確立しています。事実、世界中のほぼすべての主要なディスプレイメーカーに、当社のLineBeamシステムをご利用いただいています。 これまでに、現在使用されているあらゆるサイズのマザーガラスパネルの加工を可能にするために、750 mm、1000 mm、1300 mm、1500 mmの4種類のライン長オプションを備えたシステムを提供してきました。 

メーカーからは、現在、サイズが2290 mm × 2620 mmの最新の第8世代有機ELパネルに切り替えたいという要望が増えています。 このパネルは前世代のパネルよりもはるかに大きく、ディスプレイメーカーが達成しようとしているコスト削減を実現できる可能性があります。

パネルを短手方向に2回掃引することによってLTPSを実行する場合、第8世代マザーガラス全体をカバーするには少なくとも1310 mm(2620 mmの半分)のライン長が必要です。 もちろん、これは既存のCoherent LineBeam 1500でも実現できますが、ディスプレイメーカーが求める経済性は実現できません。 

LB1300-G8は、第8世代パネルの経済的な加工に必要な効率の向上を実現するために特別に設計されました。 ダブルパス構成で処理するのに十分なライン長を提供し、メーカーにとって非常に魅力的な経済性を実現します。 

LB1300-G8のもう1つの優れた特徴は、Coherent VYPERとPYTHONレーザのどちらとも互換性があることです。 PYTHONは、VYPERエキシマレーザと本質的に同じ出力特性を備えつつ、所有コストを大幅に削減するために開発されたLD励起固体(DPSS)レーザです。  

Coherent LineBeam LB1300-G8は、特にTwin PYTHONレーザで構成されている場合、ディスプレイメーカーは最高の歩留まりと最高の効率で第8世代の下地パネルに多数のLTPSバックプレーンを製造することができます。 

Coherent LineBeam LB1300-G8の詳細をご覧ください。