レーザ

Verdi

Verdiは、532 nmで最大18 Wの安定度の高いTEM00 CW出力を提供し、半導体検査、アニーリング、ホログラフィ、チタンサファイアレーザ励起など、幅広い用途に最適です。

Verdiシリーズは、半導体検査、アニーリング、チタンサファイアレーザ励起に最適な光励起半導体レーザ(OPSL)モデルです。また、干渉分光/ホログラフィや超低ノイズを必要とするアプリケーションの縦単一周波数発振(SLM)モード光励起半導体レーザ(OPSL)やLD励起固体レーザも含まれています。 

Verdiシリーズの要約

ほとんどのアプリケーションには、光励起半導体レーザ(OPSL)ベースのGシリーズが適切です。5 W超の単一周波数が必要なアプリケーションには、DPSS Vシリーズをご使用ください。ほとんどのモデルで、出力ノイズは 0.02 % 未満です。

製品仕様

出力(W)

適したアプリケーション

一般的なアプリケーション

単一周波数アプリケーション

2

Verdi G2 

Verdi G2 SLM 

5

Verdi G5 

Verdi G5 SLM 

6

Verdi V6 

7

Verdi G7 

Verdi G8 

Verdi V8 

10

Verdi G10 

Verdi V10 

12

Verdi C12 

Verdi V12 

15

Verdi C15 

18

Verdi C18 

Verdi V18 


注目のブログ

Verdi C – 次世代CWグリーンレーザ

Coherentは、チタンサファイアシステム、半導体検査などの要求の厳しい用途向けの統合型コンパクトCWグリーンレーザの新シリーズを発表しました。

Verdi C18