お客様の成功事例


レーザマシンがXL Precision Technologies社の成功に貢献

医療機器およびコンポーネント製造のリーディング企業が、StarCut Tubesなどのレーザマシンへの追加投資と、英国および米国での施設拡張により、力強い成長を遂げています。

XL Precision Technologies社

医療機器製造は競争が激しさを増す分野ですが、受託製造業者は優れた製品品質と性能または重要な差別化されたサービスやサポート面を提供することで、市場で際立った成功を収めることができます。英国ストックトンオンティーズと米国ペンシルベニア州ウエストチェスターに拠点を置くXL Precision Technologies(XL-PT)社は、「上記マシンのすべて」の組み合わせを決定し、わずか3年(2018~2020年)で70%を超えるすばらしい成長を遂げました。1998年に設立された同社は、医療機器業界向けに精密なマイクロコンポーネントや複雑なチューブ状のコンポーネント、サブアセンブリの製造を専門としています。世界中の医療機器の顧客に、製造に適合させた設計(DFM: Design for Manufacturing)、ラピッドプロトタイピング、大量生産のソリューションを提供しています。

XL-PT社は、溶接、切断、ドリリング、マーキングなど、レーザベースのマシンを豊富に導入しています。レーザマーカーのEasyMarkやCombiLine、溶接機のSelect、切断やドリリング用のStarCut Tubeモデル(StarCut 18も含む)など、ほぼすべてがCoherentから供給されています。

ハイポチューブやその他の精密加工品の需要拡大に対応するため、XL-PT社は、このほど同機のラインアップを拡充し、合計6台のStarCut Tube切断機を導入しました。最新のStarCut Tubeハイブリッドモデルに採用されているMonacoフェムト秒レーザの優れた切断性能により、XL-PT社ではニチノール製ハイポチューブの加工を大幅に拡大し、これまでステンレス製ハイポチューブで必要だった後処理のほとんどを不要にしました。

企業の背景

Tom Graham氏は、XL-PT社の代表取締役です。同氏は、EDM(放電加工機)専門店として創業した同社が、レーザ機に急速に拡大したことについて説明しています。同社は2008年にRubicon Partners社に買収され、急成長する北米の顧客により良いサービスを提供するため、2016年に米国に製造施設を開設しました。2021年には、英国と米国の両施設でほぼ3倍となる大規模な拡張を行いました。継続的な成長は、XL-PT社の従業員規模にも反映されており、世界的パンデミックが減速していた12か月間に約30%と、目覚ましく拡大しています。同氏は次のように述べています。「ロイヤリティと信頼は、ベンダーとお客様の双方にとって非常に重要な概念です。Coherentは当社の成功のための貴重なパートナーであると考えています」。

製品に関しては、XL-PT社は4つの主要なセグメントに生産の大部分を集中しており、これには内視鏡/腹腔鏡、心臓病/内視鏡、スポーツ医学/脊椎治療、先進的薬物送達システムが含まれます。また、ロボット手術用の特殊な製品にも豊富な経験があります。製品は、シンプルなハイポチューブから複雑なチューブ状のサブアセンブリ、3Dマイクロマシニングコンポーネント(遠位端カテーテルコンポーネントおよびサブアセンブリ、クラスIIIインプラント、ワンピースおよびツーピースシェーバーデザインを含む切断ツール)など多岐にわたっています。製品のほとんどはステンレスですが、ニチノール(いわゆる形状記憶合金)で作られた高付加価値のインプラントの需要も増えています。バッチサイズも、1台の試作品から、年あたり数千個の量産品まで、多岐にわたります。

さらにGraham氏は、「当社の開発/生産活動のすべてに組み込まれているのが、ISO 13485認証を取得した品質管理システムです」と付け加えています。 

成長の要因

2019年から2021年の3年間、XL-PT社は成長戦略の導入を成功させ、米国と英国で40%収益が増加しました。では、この成長の要因は何でしょうか、またXL-PT社が他の受託メーカーと異なる点は何でしょうか?Graham氏は次のように説明しています。「経験、設計と製造の能力、製造技術の幅など、すべてが大きな強みです。しかし、最も重要な2つの要因は、高い製品品質とラピッドプロトタイピングサービスです。製品の品質については、市場全体を古典的なピラミッド型で定義することができます。ここで頂点はより少ないユニットボリュームで最高の性能を示しています。そのため、XL-PT社は、プレミアムな製品品質、より高い付加価値、そしてしばしば技術的に困難であることに焦点を当てています」。また、XL-PT社が扱っているチューブ径の範囲は、0.010インチから約0.5インチ(250 µm~13 mm)であると付け加えています。

図面や基本設計概念を、数週間ではなく数日で試作品に仕上げる「XLerator」プロトタイピングサービスも強力な差別化要素です。同氏は、次のように説明しています。「ラピッドプロトタイピングでは、スピードと応答力がすべてです。当社は、ラピッドプロトタイピング専用の社内サービスの組み合わせを保有しているので、この分野ではどの会社にも負けません」。

StarCut Tubeのメリット

XL-PT社は、切断、ドリリング、溶接、マーキング向けのCoherentのマシンを多数保有しています。しかし、他のどのシステムタイプよりも多くの台数のStarCut Tubeを保有しています。最近さらに2台を取得しました。なぜでしょうか。Graham氏は次のように述べています。「この機械は、さまざまな面で当社の成長戦略にマッチしています。当社の製品の多くはチューブ状のブランク材からスタートしますが、単板状の基板をベースにした製品やコンポーネントもあります。したがって、チューブ以外のものもカットできる汎用性は、当社にとって明確なメリットです。また、ファイバーレーザとフェムト秒レーザの両方で、非常に高い寸法精度と微細な切断品質を実現できるマシンでもあります。これは、前述の製品ピラミッドの最上位に位置する当社のサービス力を支えています。ファイバーレーザとフェムト秒レーザの組み合わせにより、最も幅広い作業を効率的に行うことができ、最高のROIを導き出すことができるため、今回の購入では最新のハイブリッドモデルを選択しました」。

これらの要因に加え、Tom Graham氏は、使いやすさ、軸外し機能、シンプルなオブジェクトベースのプログラミングが、同社のラピッドプロトタイピングビジネスに特に有利であると述べています。最後に、同氏はすべてのチューブ切断機にオプションで自動チューブフィーダーを搭載し、大量注文にも24時間365日無人で対応できるようにしたことも紹介しています。

概要

要約:XL Precision Technologie社は、さまざまな精密加工を施した医療機器コンポーネントやシステムの受託製造会社です。これらのレーザ加工、溶接、マーキングは自社の成功に重要な役割を果たしており、大手ブランドから小規模な新興企業まで世界中の顧客にサービスを提供しています。同社は最高の品質とラピッドプロトタイピング対応に注力することで、数年にわたって持続的な目覚ましい成長を実現しています。

その他の成功事例を表示

「StarCut Tubeは、さまざまな面で当社の成長戦略にマッチしています。また、ファイバーレーザとフェムト秒レーザの両方で、非常に高い寸法精度と微細な切断品質を実現できます」

— Tom Graham氏、XL Precision Technologies Ltd代表取締役

 


 



図1:世界中の顧客にサービスを提供しているXL Precision Technologies社。画像提供:XL Precision Technologies社。

 

図2:心血管AAA送達制御コンポーネント。画像提供:XL Precision Technologies社。

 

 Image courtesy of XL Precision Technologies

図3:StarCut TubeはXL-PT社で生産される多くの新しいカルド製品の製作に最適です。画像提供:XL Precision Technologies社。

 

Image courtesy of XL Precision Technologies

図4:XL-PT社の大型製品には、スポーツ医学の分野向けに製作されたものもあります。画像提供:XL Precision Technologies社。

次の成功事例になりませんか?

応募可能な職種の確認