Bröking-Plastex: 自動車産業界のリーダー

Astrellaによる説明

「レーザ技術を導入したことで、対応可能な市場が確実に広がりました。このレーザシステムがなければ、標準的なプラスチック部品やシートメタルの加工からのバリアント生産は不可能でしたから。」

— Armin Buchsteiner氏、Bröking-Plastex専務取締役兼共同所有者 

課題

フロントとリアのエプロン、ヘッドライトカバー、エアフィルターハウジング、サイドパネル、ラジエーターグリル、またはサンバイザーは、ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリエチレン、ポリアミド、またはポリメチルメタクリレートでできています。自動車工学におけるプラスチックとその製品のリストは長く、乗用車の全コンポーネントの約4分の1が多種多様なプラスチックで構成されています。 この理由は、考えられる用途と同じくらいさまざまです。 金属と比較して大幅な軽量化と耐食性、優れたノイズ吸収による快適性の向上、より柔軟な設計オプション、そしてもちろん低コストなどがあります。 

ソリューション

Bröking-Plastexでは、会社の敷地内に有名な自動車サプライヤーからのパレットが絶えず持ち込まれており、自動車産業におけるその重要な役割がわかります。 自動車産業が重要な役割を果たしているという事実は、Bröking-Plastexが部品を処理する会社の敷地内にある有名な自動車サプライヤーからの多くのパレットによっても明白です。 「私たちは、標準の射出成形部品からの専門のバリアント生産と呼んでいます」と、父親の会社に入る前に自動車業界で働いていたため、市場をよく知っている40歳の産業エンジニアは説明します。 彼はこれが何を意味するのかを説明します。 「たとえば、今日でははるかに多様化が進んでいます。 事実上すべての乗用車モデルは多様なバリエーションで提供されています。 これは個々のアセンブリまたは部品にわずかな変更をもたらすだけですが、生産ロットサイズが常に小さなものです。 そこで私たちの出番です。バリアント生成に重点を置いているため、射出成形メーカーは、レーザを使用して標準コンポーネントからさまざまなモデルの特殊部品を製造することにより、専用のツールや知識への投資を節約できます。 たとえば、完成したトリムストリップが取り付けられているフロントエプロンとリアエプロンのくぼみをカットします。 技術的には、自動車メーカーの高い需要に応えることができる立場にあります。」  

成果

ヘッセンの企業Bröking-Plastexはプラスチックの加工を専門としています。 レーザシステムでは、主に自動車産業向けの射出成形部品の組み立てに重点を置いています。 同社の専門であるバリアント(マスカスタマイゼーション)生産では、ROFIN(現在はCoherent)のCO₂レーザがビーム源として使用されます。 このレーザは、費用効果の高いバリアント生産に加えて、自動車メーカーが必要とする目に見えるコンポーネントの高品質も実現します。 

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。