ソリューションの概要

紫外線レーザによるプラスチック製品、ガラス製品、パッケージングのマーキング

課題

メディカルディスポーザブルやパッケージング、医薬用容器、多くのプラスチックおよびガラス製消費者向け製品のメーカーはすべて、追跡、偽造防止、ブランド戦略、または目盛マークなどの機能的な目的のために、これらの製品に永久的にマークを付けるという重要なニーズを抱えています。ラベルは損傷や剥離が発生する可能性があり、インクは汚れる可能性があり、赤外線レーザでは焦げや他の望ましくない熱的影響を受ける可能性があります。

ソリューション

紫外線レーザは、レーザの高エネルギーの光子がプラスチックポリマーの分子結合を直接解離するため、これらのマーキング作業のほとんどに最適です。紫外線レーザを使用することで、材料を除去したり、表面に熱損傷を与えたりすることなく、プラスチックの色を変える光化学的変換を起こすことができます。

最も一般的な光化学的変換は、着色物質を白くして淡い跡を残すことです。一部の材料は、他のタイプの色変化を起こすように設計されています。たとえば、紫外線レーザは、住宅用ナイロンブレーカーなどで見られる二酸化チタンドーピングにより、白いナイロンやポリウレタンに色の濃い、コントラストの高いマークを作ることができます。紫外線レーザにより、透明なプラスチックやコーティングされた着色プラスチックへのマーキング、およびコーティングガラスや非コーティングガラスへの冷間彫刻も可能です。製薬では、UVレーザマーキングはゲルカプセルやブリスターパッケージへのマーキング、ボトルキャップへのQRコード作成にも適しています。

Coherentは、マーキングや他の産業用途向けパルス紫外線レーザの世界的なリーダーです。当社は、紫外線用途における数十年の経験により、PowerLine E 8 QTのような最高の信頼性と長寿命を持つレーザを提供しています。

特長

紫外線レーザマーキングは、プラスチック製コンポーネントやパッケージへのマーキングにおいて、HAZやその他の熱損傷を発生させることなく、冷間加工方法でマーキングするという幅広いニーズに対応しています。レーザマーカーCoherentは、経験豊富なベンダーからの実証済みの紫外線マーキングソリューションを提供します。これらのベンダーは義務付けられた認証プロセスを簡素化することもできます。 

適用分野

メディカルプラスチック、パッケージング、カテーテル、吸入マスク、注射器、医薬用ボトル、および関連製品のマーキング。

斜方晶系結晶相における鋭いピーク
図1. プラスチックのコールドマーキングに理想的なPowerLine E 8 QT。
 
 
THz-ラマンスペクトルをモニタリングしながらの動的加工方法測定
図2. ゲルパッケージングに使用されているような無色材料にマーキングすることができる紫外線レーザ。
 
 
5分刻みでプロットされた個々のスペクトル
図3. HPDEなどのプラスチック製ボトルやパッケージへのQRコードに最適な紫外線レーザマーキング。
 
 
5分刻みでプロットされた個々のスペクトル
図4. 多くの透明なプラスチック製品への直接マーキングに最適なUVレーザマーキング。
無料相談のスケジュールを設定して、お客様のニーズについて議論してください。