レーザマーキングがインスリンペンの生産の問題を解決

お客様からのお言葉

「Coherentは、必要なパフォーマンスと信頼性を提供し、コスト目標を達成して、マーキングシステムの他の部分とインターフェイスするレーザマーキングエンジンを構築しました」。

— テディ・シュルツ(Masentia A/S、セールスディレクター)

課題

インスリンペンの回転投与量セレクターで投与量スケールをマーキングすることで、いくつかの課題を提示されます。 まず、ユーザーが正しい投与量を投与できるようにするには、マークの精度を高くする必要があります。 そして、消費者がそれを読むのに困難がないように、マーク自体は十分に読みやすいものでなければなりません。 しかし、インスリンペン製造の経済性は、マーキングシステムが非常に費用効果が高く、部品あたりのコストが非常に低いことを示しています。 これは、高いスループットでマークを付け、最小限の運用コスト、特に消耗品で実行できることを意味します。

ソリューション

レーザマーキングは、この用途におけるすべての品質、スループット、およびコストの目標を満たす唯一の実行可能な選択肢です。 インクのマーキングは、消耗品(インク)のコストが原因で、非常に大量の生産で非常に高価になります。 さらに、インク印刷の接触性により、稼働時間と信頼性の問題が発生します。 この特定の例では、製造業者が自社の顧客向けに多数の部品バリエーションを製造しているため、スケールを部品に直接成形することもできませんでした。その場合、それぞれに個別の(高価な)ツールが必要になります。 しかし、このアプリケーションにはレーザ技術の固有の利点があるにもかかわらず、エンドユーザーのすべての要件を満たすソリューションを実際に実装するには、レーザシステムサプライヤーのCoherent、生産設備サプライヤーのMasentia A/S(デンマーク、オーデンセ)、および機械メーカーのSVM Automatik A/Sデンマーク、シルケボー)の緊密な協力が必要でした。

成果

この用途では、単一のシステム内に複数(4つまたは6つ)のCoherent Powerline E40レーザマーカーを組み込むことで加工方法速度の要件に対応しました。 Powerline E 40には、40 W(1064 nm)の半導体励起固体レーザ、2軸検流計スキャナー、スキャンオプティクス、制御/インターフェースエレクトロニクス機器、およびビジュアルレーザマーカー(VLM)制御ソフトウェアが含まれています。 各マーカーは個別に制御されるため、パーツを回転させたり動かしたりすることなく、1回の操作でパーツの全周に同時にマーキングできます。 Coherentがレーザマーカーを提供し、Masentiaがシステム全体にレーザマーカーを装備して構成しました。 次に、SVM Automatikはツールをパッケージ化し、ロボット工学と、それを顧客の他の生産設備と統合するために必要な特定のハードウェアおよびソフトウェアを設計および構築しました。 この緊密な協力は、エンドユーザーのパフォーマンス、信頼性、コスト目標を満たし、既存の製造環境で機能するマーキングシステムを提供するための鍵でした。

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。