コンパクトで効率的なOBISレーザによる自律フローサイトメーターのメリット

Astrellaによる説明

「OBISレーザは、私たちのすべてのニーズを満たてくれます。 コンパクトで信頼性の高いレーザであり、エネルギー効率が高く、低い熱収支が特長です。」

—ジョージ・デュベラール(Cytobuoy社CEO、ウールデン、オランダ)

課題

フローサイトメトリーは、血球や精子だけでなく、はるかに広いサイズ範囲の粒子を分析し、カウントやソート以上のことを行うように構成できます。 CytoBuoy B.V. (オランダ、ウールデン)は、海や湖のあらゆる種類の粒子(プランクトン、マイクロプラスチックなど)のカウント、形状分析、および画像処理を目的とした機器を専門としています。 海に浮かんだり沈んだ状態で、長期間無人で動作できるコンパクトな多波長機器に対する需要が高まっています。

ソリューション

同社のCytoSense機器は、大きな粒子検出をサポートする大きな1 mm 2フローセルと、フローストリームの幅全体で均一な(フラットトップ)レーザプロファイルを生成する光学システムを組み合わせています。 これにより、ユーザーは、フローストリーム内の位置のわずかなずれに関係なく、プロクロロコッカス・マリーナのような非常に小さな種を同時に検出できます。 CytoBuoyアプローチのもう1つのユニークな側面は、各検出器信号の高速デジタル化です。 典型的な4MHzの検出器速度は、鋭いレーザ焦点を2 m/sで流れる粒子の場合、0.5ミクロンごとのデータポイントに変換され、画像処理と形状決定を可能にします。

すべての機器は、植物プランクトンの自家蛍光を励起するのに最適な488nmの波長を使用しています。 また、通常、405、445、532、594、または637nmのいずれかで2番目のレーザを使用します。 CytoBuoyはOBISレーザを使用しています。これらのレーザはすべて、波長に関係なく同じ形状、適合性、機能を備えており、機器の設計を簡素化するのに役立ちます。

成果

CytoBuoyのCEOであるジョージ・デュベラール氏は、次のように説明しています。「何か月にもわたる自律的な運用は、多くのお客様にとって非常に重要な要素です。 私たちは常に信頼性の向上とメンテナンス間隔の延長に努めています。 OBISレーザは私たちのすべてのニーズを満たしてくれます。 これらはコンパクトで信頼性の高いレーザであり、エネルギー効率が高く、熱収支が低くなっています。機器全体は、ブイ上の太陽電池パネルからの電力で動作する必要があります。」CytoSense機器は、バイオ加工方法モニタリングや生物医学分析にも使用されています。

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。