レーザ駆動のチューブ切断機がビジネスの成功をもたらす

お客様からのお言葉

「これらの優れたマシンのおかげもあり、現在、上海からサンフランシスコ、モスクワからメルボルンまで、25か国に70を超える顧客がいます。」

— バリー・コマーフォード(Cambus Medical社共同設立者およびCEO、ゴールウェー、アイルランド)

課題

2006年、Cambus Medical(アイルランド、ゴールウェイ)の共同設立者は、ハイポチューブおよび関連するPTCAデバイスに特化した成功した医療デバイス製造会社の設立に着手しました。 彼らは、技術的な差別化と優れた品質とサービスに対する評判がこの目標を達成するための鍵になることを認識していました。 彼らは当初、主に新しいPTFEコーティングの専門知識を活用して技術的に差別化することを計画していました。 しかし、最初の顧客とのやり取りと通じて、レーザ加工は医療機器製造における重要な利点になると確信しました。 そこで彼らは、初期資本の大部分をレーザ切断と溶接の両方に投資することにしました。 スタートアップとして、彼らは高い信頼性、高いスループット、そして予想される多様な顧客の要求とロットサイズを処理する柔軟性を提供する低リスクのマシンを必要としていました。

ソリューション

共同設立のバリー・コマーフォードはそれについて説明しています。 「かなりの調査を行った結果、ROFIN(現在はCoherent)からStarCut TubeとStarWeld(現在はSelectと呼ばれています)マシンを購入しました。 これらのマシンは両方ともナノ秒レーザが供給されており、15年近く経った今でもこれらのマシンを有効に活用しています。」それらが提供する高精度と優れた刃先品質は、Cambusが卓越した製造で確固たる評判を築くのに役立ちました。 これらをいくつかの非レーザ製造ツールと組み合わせて使用することで、「困難な」プロジェクトに自信を持って取り組むことができる企業としての認識を得ることができました。 たとえば、直径0.35 mmの304ステンレス鋼管をベースにしたフラクショナルフローリザーブ(FFR)デバイスを製造しています。これには、必要な柔軟性を提供するためのスパイラルカットが含まれています。

Cambusは、起業家から主要な業界リーダーに至るまでの顧客と緊密に連携することにより、長年にわたって力強い成長を遂げてきました。 そして今日、Cambusは合計7台のCoherent StarCut Tubeと5台のCoherent Select溶接機を稼働させています。 これらのマシンには、LD励起固体レーザとファイバーレーザが混在しています。

成果

Cambusは現在、ハイポチューブ製品の世界有数のサプライヤーとして定評があり、Freudenberg Medicalとの合弁事業パートナーシップによって得られたブランドの認知度にも支えられています。 Comerfordは、次のように要約しています。「これらの優れたマシンのおかげで、現在、上海からサンフランシスコ、モスクワからメルボルンまでの25か国に70を超える顧客がいます。 私たちの顧客ベースは、アイデアを持った医師から業界をリードするOEMに至るまで、さまざまなプロジェクトや製品をカバーしています。」

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。