レーザマシンとシステム

包括的なモニタリング

Laser FrameWorkは、システムと加工方法の監視を組み合わせたものです。 強化されたデータ収集、AIによる検出機能、および高度なビームモニタリングは、廃棄物を削減し、品質を向上させる早期警告システムです。  

弊社のAIによるモニタリングは、1つのユーザーエクスペリエンスによるシステムとプロセス監視を結合して、合否条件に基づいて出力を評価し、アクションを割り当てる加工方法レシピを組みこみました。 システム監視はビームの品質と安定性に関するデータを収集し、生産を停止する前に潜在的なメンテナンスの問題を検出します。  

主な機能

生産の問題の検出を自動化

Laser FrameWorkは、内蔵センサーからリアルタイムの情報を収集し、品質と歩留まりを最大化するために操作上の変化を自動的に示します。


結果を視覚化

CNC制御の精密システム上で、プログラムされた輪郭線と実際に実行された輪郭線との間のずれを測定し、Laser FrameWorkに表示する  

ビームをより正確に監視する

BeamInspectのビームモニタリングは、レーザビームの特性と集光スポットの位置を利用して、生産サイクルの間に高い解像度と精度で測定します。

優れたデータを取得

SmartSense+プロセスモニタリングソリューションは、光検出器と(オプションとして)音響センサーを使用してレーザプロセスを測定し、高度なAI信号処理とそのプロセスを利用して、プロセスのステータスに関する詳細で正確なリアルタイム情報を提供します。この情報には、出力や焦点位置などのレーザのパラメータから、プロセスのガスフローの変化、スパッタやマイクロクラックの有無などの溶接品質に関するフィードバックまでのすべてが含まれます。 また、光コヒーレンストモグラフィ(OCT)や高速度カメラをベースとしたシステムの何分の1というコストでこのソリューションを実現しています。 SmartSense+は、プロセスをスムーズに実行するための最もコスト効率の高い方法です。

ビームの品質の向上

BeamInspectは、生産ワークフローに高度なレーザビームの診断機能を提供します。 ビームパラメーターの精度の自動測定は、生産調整を行うために使用され、すべてのデータは加工証明や追跡のために記録されます。 また、BeamInspectは、マシン内部のビームフォーカスの実際の位置でこれらの測定を行い、ウエスト径、M²、ビーム位置、焦点の位置などのデータを提供します。 BeamInspectは、高精度製品の製造に求められる厳しい加工品質を維持するための、最も簡単かつ的確な手段です。

ビデオスポットライト

効果的かつ経済的で高精度なレーザ加工方法監視

Coherentの加工方法監視が、レーザ加工で良好な成果を確実に達成して、トレーサビリティ要件に対応するうえで、どのように役立つかをご紹介します。 Laser FrameWorkに組み込まれた加工方法監視機能により、プロセスデータの収集、その情報に基づく機械動作の変更、そしてそのデータの保存や他の生産システムとの通信を容易に行うことができます。

注目のブログ

CoherentのLaser FrameWorkにより、製造現場の生産性が向上

溶接機、切断機、マーキング機のための統一されたレーザソフトウェアプラットフォームによって、使用が簡素化され、スループットが向上します。

Laser FrameWork ExactMark 210