レーザ

ウルトラファーストレーザ・オシレータ用アクセサリ


ここでは、オシレータのパフォーマンス向上に利用できるアクセサリをすべてご紹介します。 これには、高調波発生器、パルスピッカー、パルス同期、CEP安定化、波長可変OPOがあります。

ウルトラファーストレーザ・オシレータは、再生増幅器用シード光源、THz発生、アト秒研究、量子制御実験、非線形イメージング、分光など、驚くほど多彩なアプリケーションに対応します。 これらのアクセサリーは、あらゆる実験に対し、適合する最適なパフォーマンスを提供します。


ウルトラファーストレーザ・オシレータ用アクセサリの要約

充実したアクセサリから選択し、アプリケーションに合わせてレーザ性能を調整できます。 

 

製品仕様

アクセサリタイプ

製品名

主な機能と仕様

対応製品

典型的なアプリケーション

波長可変OPO

  

Levante OPO

1320~5000 nmの範囲で出力を調整可能  

Axon 1064、Chameleon Discovery NX 

ウルトラファースト分光、ポンププローブ分光、顕微鏡 

Mira-OPO-X

505~1600 nmの範囲で出力を調整可能(オプションで最大4000 nm)  

Mira 

CARS、SRS、レーザ顕微鏡 

高調波発生器

高調波発生器

第2、第3、第4高調波を供給(190~540 nm) 

Mira、Chameleon、Vitara 

ポンププローブ分光、材料科学 

パルスコンプレッサー

CPC-II

800 nmのオシレータの出力パルスを圧縮

Vitara 

THz生成、CARS、非線形光学 

CPC 1040

1040 nmのオシレータの出力パルスを圧縮 

Chameleon Discovery 

CARS/SRSレーザ顕微鏡、SHGレーザ顕微鏡 

パルスピッカー

パルスピッカー3600

オシレータの繰返周波数を低減。 9.5kHz~4.75MHzの出力、fsおよびpsのパルスをサポート 

Mira、Vitara 

気相分光、高エネルギー粒子 

パルスシンクロナイザー

SynchroLock-AP

レーザの繰返周波数を第2のレーザまたはRFクロックにアクティブに同期

Mira、Vitara 

ポンププローブ分光、CARS、SRS 

CEPスタビライザー

Vitara-CEPスタビライザー

キャリアオフセット位相をロック  

Vitara 

ATI研究、アト秒物理学