レーザコンポーネントとアクセサリ

インカプリングオプティクス


Coherentのコンポーネントが、高出力のレーザ出力を安全に、高い信頼性、低損失で1つ以上の光ファイバーケーブルにカプリングできる理由をご覧ください。

インカプリングオプティクスを使用すれば、システムの柔軟性を向上させ、許された時間範囲内でコストを削減します。また、最大4台のワークステーションでレーザ光源のエネルギーを共有したり、簡単に交換できるプロセスファイバーの使用も可能になります。できます。 

 


インカプリングオプティクス製品の概要

DGUV認証コンポーネントとともに使用することで、既存のファイバーケーブルの範囲を拡大、ビーム品質を変更、異なるファイバーケーブルの機械式インターフェイスを接続できます。 

 

製品仕様

 

製品

 

FFS wc

FFS ac

FFC wc

FFC ac

FCU

最大出力(CW)

15 kW

4.5 kW

15 kW

4.5 kW

4.5 kW

ファイバー入力

1入力ファイバー

0(フリースペース)

ファイバー出力

1~4ファイバー出力

1出力ファイバー

照射時間の共有

はい

はい

該当なし

エネルギー共有

はい

いいえ

該当なし

波長

1030~1090 nm

(特別な要求に応じた半導体レーザコーティング)

冷却方法

水冷式

空冷式(パッシブ)

水冷式

空冷式(パッシブ)

空冷式(パッシブ)

対応インターフェエース

QD、QBH、RQB、Trumpf LLK-B