増幅器の信頼性の利点、過渡吸収分光

Astrellaによる説明

「増幅器の信頼性と安定性が重要なのはなぜですか。 この増幅器を共有する研究者が何人かいます。誰かが必要なときにいつでも準備ができている必要があり、増幅器を最適化するために時間を無駄にしたくありません。」

— He Wang教授(マイアミ大学、マイアミ、フロリダ州)

課題

Perovskiteフィルムは、光起電(ソーラー)デバイスでの将来の使用に大きな期待を寄せています。 ただし、モデルデバイスの寿命は、商用デバイスの要件をはるかに下回っています。 研究者たちは、潜在的な解決策として、組成やその他の変化(たとえば、疎水性含有量の変化)を検討しています。 それらの有効性を評価するには、これらの改変された材料の基本的な光起電力挙動、たとえば、キャリア寿命、再結合メカニズムを詳細に測定して理解することが不可欠です。

ソリューション

マイアミ大学(マイアミ、フロリダ州)のHe Wang教授が率いるグループは、CoherentのAstrellaワンボックス増幅器を使用して過渡吸収分光を実行しています。 この方法により、フェムト秒の時間領域でペロブスカイト膜を研究するために、最初の光子吸収に続く高速放射および非放射加工方法に従うことができます。 それらのセットアップでは、Astrella出力の一部が、2Dフィルムサンプルのさまざまなフェーズの1つを励起するように調整されたOPAをポンプします。 残りは、特定の遅延時間で吸収スペクトルをキャプチャする方法として確立された白色光の連続体を作成するために使用されます。 時間依存のスペクトルデータを取得するために、遅延時間はゆっくりと漸増されます。 次に、OPAは、サンプル内の別の位相と共振する別の波長に調整され、実験が繰り返されます。

成果

このアプローチを使用して、Wangグループは、異なる相間の高速電荷移動、つまり2Dサンプルの異なる層間の電子輸送を正常に測定しました。 詳細は以下で公開されています。 C. Fei、J. S. Sarmiento, H. Wang. 「Generation of Coherent Optical Phonon in Methylammonium Lead Iodide Thin Films(ヨウ化メチルアンモニウム鉛薄膜におけるCoherent光学フォノンの生成)」J. Phys. Chem. C, 2018, 122, 17035

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。