眼鏡メーカーはレーザ溶接でより良い結果を得る

Astrellaによる説明

「抵抗からレーザ溶接への移行は大成功を収め、全体で約80%のコスト削減を実現しました。 また、精度と再現性の向上は、最先端の眼鏡フレーム設計を成功裏に生産できるようにするために不可欠です。」

— デビッド・イリッツ氏(Silhouette International Schmied AG、材料部品生産部門加工方法マネージャー)

課題

オーストリアのプレミアム眼鏡メーカーであるSilhouette Internationalは、優れた快適性と機能性、そしてスタイリッシュな外観を提供する眼鏡を製造することにより、競争力を維持しています。 重量がわずか1.8グラムの「Titan Minimal Art」(TMA)フレームは、チタン製の最初のスクリューレスおよびヒンジレスアイウェアであり、この製品の成功により、Silhouette Internationalはヒンジレスアプローチを他の多くのデザインに拡張するようになりました。 しかし、この設計には、チタンやその他の特殊合金などのさまざまな材料を接合する必要があるなど、いくつかの製造上の課題があります。 また、これらのジョイントは審美的に心地よいものでなければなりません。つまり、視覚的に認識できず、簡単に感じることができるような質感の変化も生じないことです。 最後に、ジョイントは強く、非常に柔軟であり、形状の変化や機械的強度の低下なしに、何度も何度もサイクル(折りたたまれて開く)できる必要があります。 従来の抵抗溶接では、これらすべての分野で実現させるのに苦労していました。

ソリューション

レーザ溶接は、抵抗溶接の限界を克服する確立された方法です。 しかし、この種の精密用途向けに大量生産で費用効果の高い方法でレーザ溶接を導入するには、いくつかの技術革新が必要でした。 Silhouette Internationalにとって重要であることが証明された1つの改善点は、「ビームウォブリング」の使用です。これは、溶接シームに沿って、および溶接シームに垂直にビームが急速に移動することです。 Coherentは、SmartWeldと呼ばれるビームモーションの高度な実装を開発しました。これにより、レーザによって生成される熱分布をより柔軟かつ正確に制御できます。 円、楕円、さらにはジグザグなどの複雑なビームパターンが組み込まれています。 SmartWeldは、溶接品質と加工方法の一貫性を向上させ、溶接部品のより大きなギャップ幅を埋めることもできます。 これにより、はめ込みの許容範囲と要件が軽減され、生産がスピードアップし、コストが削減されます。

成果

Silhouette Internationalは、200 Wファイバーレーザ光源とスキャナー光学系を組み込んだCoherent MPS Rotary自動溶接、切断、ドリリングシステムを設置しました。 全体として、1台のマシンで複数の加工方法ステップを実行できるようにすることで、工具と製造のコストを削減し、エネルギーの節約と生産性を向上させました。 さらに、SmartWeldhasを使用すると、溶接品質が向上し、特に(成形品への入熱が少ないため)強度が高く、弾性が向上したジョイントが生成されます。 MPS Rotaryはまた、新しいデザインの市場投入までの時間を短縮する必要性と、限られたロットサイズ(通常は150〜300個)をサポートします。

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。