レーザはジュエリーメーカーのAtelier Schonで輝きます

お客様からのお言葉

「ジュエリーの溶接には、力任せではなく、繊細さが必要です。だからこそ、私たちはCoherentシステムを気に入っています。 細くて繊細なものを溶接するときに必要な制御が可能になります。たとえば、中空のチェーンは、加熱しすぎると簡単に損傷したり、気化したりします。 また、Performance Welderは高速で非常に使いやすいです。 ”

— ヴォルカー・カルステンス(Atelier Schon、オーナー)

課題

ジュエリーの製造には、高価で時には繊細な素材から美しく独特のデザインを作成し、信頼性が高く費用効果の高い方法でそれらを製造するという、独特の課題があります。 さらに、修理、指輪のサイジング、指輪、時計、その他のアイテムのマーキングや彫刻も、ほとんどの宝石商にとって一般的な雑用です。 これらすべてのタスクを達成するための優れた方法がありますが、宝石商は常に、装飾と機械的強度の点でより良い結果をもたらし、特に修理やリングのサイジングにかかる時間が短い新しい製造技術を求めています。 さらに、デザインの自由度を高める生産ツールは、宝石店が競争力を維持するのに役立ちます。

ソリューション

レーザは、ジュエリーの製造と修理において、溶接、切断、マーキングの他の方法よりも高速に動作し、より良い品質の結果を提供することで定評があります。 この主な理由の1つは、レーザが空間的に制限された方法で熱を加えることです。 したがって、レーザは、熱に敏感な貴金属(真珠、オパールなど)に悪影響を与えたり、小さな金属構造や繊細な金属構造を損傷または変色させたりすることなく、高い空間精度で切断、溶接、またはマーキングを行うことができます。 これらの理由から、ジュエリーメーカーのAtelier Schon(ハンブルク-ブランケネーゼ、ドイツ)のヴォルカー氏とクリスティーナ・カルステンス氏の夫婦によるチームは、2015年にレーザ溶接機とレーザマーキングシステムを探し始めました。彼らは地元のCoherentパートナーであるTeigelkötter Lasertechnikの助けを借りました。 これにより、2つのCoherentレーザシステム(Performance 6002 Facelift溶接機とEasyJewelマーカー)を購入することになりました。 これらは、パフォーマンス、機能、および使いやすさの組み合わせを追求して選択されました。

成果

Atelier Schonが、製造と修理の両方にPerformance Facelift 6002溶接機をどのように使用しているかをご覧ください。 典型的な作業は、繊細な支柱をイヤリングに溶接することです。これは、損傷や変色を生じさせることなく実行する必要があります。 カルステンス氏によると、Coherentレーザ溶接機は、あらゆる出力レベルで安定した一貫した出力を提供します。これは、デリケートな部品を溶接する場合に重要です。 また、オペレーターがピースをフォーカス位置に正確に保持していなくても、溶接工は寛容であると彼は述べています。これにより、生産時間が短縮され、より良い結果が得られます。 CoherentのEasyJewelは、マーキングと彫刻に使用されます。 リングのような曲面へのマーキングも可能です。 「つまり、私たちが行うマーキングの多くは個別化されています。たとえば、時計や指輪に碑文や名前を付けるなどです。 EasyJewelは、アートワークをシステムに取り込むことから実際にマークを付けることまで、この加工方法全体を迅速かつ簡単にしてくれます」とカルステンス氏は述べています。

サクセスストーリーの準備はできましたか。

喜んでお手伝いします。