レーザマシンとシステム

SLS200 CL - パルスレーザ溶接機


溶接では優れた生産性が安定的に確保され、出力制御も卓越しているため、極めて広いダイナミックレンジにおいて最適な高精度加工が実現。

SLS200 CLには、ランプ励起のパルスNd:YAGレーザと、ビーム伝送用ファイバー、オプティクス、制御エレクトロニクス、ソフトウェアが統合されています。 LLBK加工ヘッドと組み合わせることで、熱に弱く、デリケートで薄い金属の高精度スポット溶接やシーム溶接が可能です。


SLS200 CL – 機能と指針

バルク基板の加熱を最小限に抑えるには、ピークパルス出力と平均出力を選択します。デリケートな材料に対応するには、幅広いチューニングレンジを使用します。

 

製品仕様

モデル名

最大平均出力(W)

ピークパワー(kW)

最大パルスエネルギー(J)

ファイバー出力ポート

寸法、高さ x 幅 x 奥行き(mm)

SLS200 CL8

10 

0.1 - 2.0 

8.0 

685 x 445 x 1000 

SLS200 CL8 LOP

10

0.02 - 1.0

8.0

1

685 x 445 x 1000 

SLS200 CL16

50

0.2 - 6.0

40

6

845 x 450 x 1000

SLS200 CL16 LOP

25

0.05 - 1.0

10

6

845 x 450 x 1000

SLS200 CL60

220

0.2 - 7.0

70

685 x 420 x 1000

SLS200 CL60 HP

300 

0.2 - 10.0 

110

685 x 420 x 1000