レーザマシンとシステム

WaferLaseシリーズ


NGSフローセル生産のために、最小限の熱損傷で高精度を実現する自動化されたツールを使用して、高速シリコンウェハエッチング、マーキングとガラススクライビング。

WaferLaseシステムは、ロボットによる部品ハンドリング、自動部品アライメント、レーザソース、ビーム伝送オプティクス、制御と、インターフェースソフトウェアを組み合わせます。 システムコンポーネントは、溶接鉄鋼フレーム内の花崗岩ベースに取り付けられ、最大限の安定性を実現します。


半導体ウェハマーキングとガラススクライビング

レーザソース、部品トランスポート、その他の自動化オプションを選択して、お客様の用途と予算に合ったWaferLase加工システムを構成します。

 

製品仕様

モデル

アプリケーション

WaferLase ID 200  

シリコンウェハIDマーキング最大200 mm 

WaferLase II 

NGSフローセル生産のためのガラス切断 

注目のブログ

WaferLase IIによりNGS Flow Cellの製造効率を改善

新しいCoherentのWaferLase II自動ガラス切断システムは、自動化と独自のSmartCleave技術を組み合わせて、次世代シーケンシング(NGS)フローセル向けの環境に優しい低コストの生産ソリューションを実現します。

blog-waferlaseII.jpg