レーザ

Compactシリーズ


プラスチックや金属の材料加工に十分な出力(50~1200 W)を備えた、堅牢なモジュール式の物理的に小型のソースです。

この小型のターンキーファイバー結合システムは、半導体レーザソースに加えて、必要なすべての電源と冷却装置が組み込まれており、また単相電源を採用しているため、レーザ材料加工を簡単に導入できます。


Compactシリーズ半導体レーザの概要

空冷式のテーブルトップ型ユニットから、Eサービス機能を備えた水冷式のラックマウント型レーザ、数々のアクセサリーまで、あらゆる要求に応えます。

製品仕様

製品シリーズ

波長(nm)

出力(W)

冷却

Compact Mini

808 

 最大40 

空冷式 

980

 最大50 

1064 

30 

Compact SE

808 

最大50 

980 

 最大100 

Compact Evolution

980 

最大600 

水冷式

Compact Evolution XL

980 

最大1200