レーザマーキングの高速化

Coherent ExactMark 210 TL — 6軸ロボット部品ハンドリング搭載 — 小型部品トレイの複数面レーザマーキングを完全自動化。

2023年1月26日Coherent

 

多くの医療機器、消耗品、その他の大量生産の部品には、複数の面に永久的なマーキングが必要なものがあります。 ただし、これらの部品は単価が低いことが多く、手作業による個別のレーザマーキングの時間やコストに対応できません。 また、このマーキング作業は、部品が平らな面を持つ単純な形状でない場合、さらに困難になります。

最新のCoherent ExactMark 210 TLは、ロボットアームオプションを加工セル内に組み込むことで、この共通の問題に対して経済的かつ実用的なソリューションを提供するように設計されており、医療機器、消耗品、電子部品、工作機械、その他の産業での用途に最適です。

オプションの6軸ロボットハンドリングシステムは、特に部品トレイへの複数面マーキングにおいて、人件費の削減やバッチ加工時間の短縮など、重要なメリットを提供します。

  • 複数面マーキング - 多面対象物へのロボット支援によるマーキング
  • ハンズフリー操作 - 部品ハンドリング、PartVisionアライメント、マークの検証
  • 長いMTBA:一度に最大30トレイのコンポーネントを処理
  • 簡単で直観的な操作 - 使いやすいLaser Frameworkソフトウェア
blog-exactmark-210-tl-robot-figure-3.jpg

図1. ExactMark 210 TLを使用すると、オペレーターの介入なしに最大30個のトレイの複数面マーキングを行うことができます。

 

1回の運転で最大30個のトレイを搭載できるトレイローディングと多軸ロボットハンドリングの組み合わせにより、サイクルを短縮し、平均稼働時間(MTBA)の延長を実現してオペレーターの介入と人件費を最小限に抑えることができます。 特に、医療機器などの非対称部品への複数面マーキング用途でメリットがあります。 すべてのマーキングは、自動化および正確なマーク配置のためのPartVisionというマシンビジョン機能を使って行うことができます。 PartVisionを使ってマーク品質のチェックと検証もできます。

ExactMark 210 TLの操作は、直感的なCoherent Laser FrameWorkソフトウェアスイートの下に統合されており、このソフトウェアのシンプルなドラッグ&ドロップ機能を通じて、あらゆるマーキング作業の作成と実行を簡素化することができます。 ユーザーは、マーキング、検査、自動化の各ステップを、簡単なドラッグ&ドロップ操作でジョブタイムラインに配置します。 また、このソフトウェアは異なるユーザーアクセスレベルをサポートしており、製造担当者はジョブのパラメーターを変更することなく機器を操作することができます。  

ExactMark 210 TLは、出力6~95ワットの赤外線レーザをフルラインナップで用意しており、プラスチックと金属の両方で費用対効果の高いマーキングを行うことができます。 また、Variaレーザを搭載しており、マーキング作業に応じてレーザパルス特性を正確に設定できます。 さらに、高さ40mmまでの部品に対応し、JEDECトレイのマガジンタイプとスタックタイプの両方をサポートしています。

詳細な生産性計算については、お問い合わせください。

サイクルタイムと人件費をどれだけ節約できるかをご覧ください。

Required field

By providing your information and clicking ‘Subscribe’, you opt-in to receiving periodic email marketing communications from Coherent Corp. and understand that your personal data will be processed in accordance with our Privacy Policy and that our Terms apply. You may opt-out of marketing emails sent by us at any time by clicking the unsubscribe link in any marketing email you receive.