レーザコンポーネントとアクセサリ

低出力回転子およびアイソレーター


1050 nm~1080 nm(Ndレーザ)の波長範囲で後方反射の有害な影響からシード光源を保護します。

Ndベースのレーザの電力を大量に消費する用途では、シード増幅器とマスターオシレータ電力増幅器(MOPA)アーキテクチャを使用することがよくあります。 これらの回転子およびアイソレーターは、最大の性能とシードレーザ保護を保証します。


低出力回転子およびアイソレーター - 主要なパラメーター

低コストのダイクロイックガラス偏光子、または耐損傷性の高いビームスプリッターキューブを選択できます。 2つのアイソレーターを直列に組み合わせて、60dBを超えるアイソレーションを実現します。  

 

製品仕様

モデル名

クリア開口部オプション(mm)

アイソレーション(dB)

透過率(%)

偏光子タイプ

損傷しきい値

低出力
回転子

1.5

該当なし

≥78

該当なし

8 J/cm²
(10 nsまたは20 ns)

低出力アイソレーター

1.5

≥30

≥75

  Polarcor

500 mW CW

1.5

≥30

≥75

PBSキューブ

1 MW/cm²
(10 ns)